electron-builderでwindows用インストーラーを作る時の設定

概要

electron-builderでwindowsのインストーラーを作成する時は
「NSIS」を指定すると便利。

package.jsonの書き方

build節に以下の指定
"build": {
    "win": {
      "target": "nsis"
    },
    "nsis":{
      "oneClick": false,
      "allowToChangeInstallationDirectory": true
    }
}
“win”の”target”を”nsis”を指定。
他OSやインストーラーを希望する場合は以下を参照
Common Configuration – electron-builder

NSISの設定

オプション詳細はここ
NSIS – electron-builder
全部英語なので感覚で勝負する。

インストール先

  • oneClick:ワンクリックインストーラー。
    trueにするとインストーラークリックした時点で何も聞かれずインストール&実行する。
  • allowToChangeInstallationDirectory:保存場所指定の許可
    trueにするとユーザーがインストール先を指定できる。
    ※これを使う場合は「oneClickをfalseにしろ」って怒られた
これでインストール先をたずねてくれるようになった

インストーラーのアイコン

NSISインストーラーのアイコンは
buildフォルダのinstallerIcon.icoを参照してくれる。
(※”installerIcon”でパス指定もできる)

Defaults tobuild/installerIcon.icoor application icon.
Defaults tobuild/uninstallerIcon.icoor application icon.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です